p6a2515

ご予約に関して
ピンゼロカにご興味いただきありがとうございます。
現在、多数のご予約をいただいておりまして、
ウェブ予約の返信が追いつかない状況でございます。

予約確定の返信がない場合は、大変申し訳ありませんが、
キャンセル待ちの状況として考えていただけますよう、
ご理解、ご協力をお願い申し上げます。

また、お電話の問合せですが、営業中はお電話がつながりにくい状況が続いております。
オープン前の13時〜16時でご連絡いただけると助かります。

今後ともピンゼロカをよろしくお願い申し上げます。

P6a8301

【Pinze Loca オープニングキャンペーン】

ムール&フリットをオーダーいただいたお客様には、
北海道仙鳳趾(せんぽうし)産の生カキを1つ200円にてご提供させていただきます。

オマール海老のロースト 2800円→1980円
北海道産アンコウのブイヤベース 2400円→1800円
ウニのカルデロ2400円→1800円
サッポロ生ビール500円→380円
グラスのスパークリングワイン700円→500円

P6a2521

日本初!ムール&フリット専門店 「ピンゼ ロカ」

9月19日、ヨーロッパを中心に高い人気を誇る業態、「ムール&フリット」の専門店「Pinze Loca(ピンゼロカ)」がオープン。

ムール&フリットは山盛りの蒸したムール貝とフリット(フライドポテト)のセットのことです。レストランでは蒸しムール貝料理を注文するとフリッツが付合せとしてサーブされますが、そのムール貝の量の多さとソースの種類の多さが特徴で、ベルギー、フランスを中心に高い人気を誇り、イタリア、スペイン、オランダ、ドイツ、アメリカ、ニュージーランドと世界に広まりつつある業態です。

◎専門店は当店のみ
国内ではムール&フリットを提供しているお店はありますが、1キロのムール貝をリーズナブル(1000円台)且つソースの種類を多く用意している専門店は今のところありません。
また、ムール&フリットを提供するための専用の鍋は日本では販売されてなく、用意しているお店も国内には当店しかありません。※専用の鍋は本場ベルギーで購入しました。

当店はベルギー、フランス、イタリア、スペインのムール&フリットのスタイルを集約し、50種類に及ぶムール貝の種類をご用意しています。

P6a2493

◎食べ方に特徴があります。
もともと庶民の食事であったムール&フリット。気取らず手で食べていただければと思います。空いた貝の殻をトングのように持ち、次の貝をつまんで食べるのが通の食べ方。テーブルにはナイフやフォークがセットされていますが、これらはつけあわせのフリッツや他の料理用で、スープを楽しむためのスプーンが用意されています。殻は用意されたバケツに入れていきます。バケツに山盛りになったらホールスタッフが換えてくれるはず。 残ったスープはリゾットやパスタにご用意できます。
あとはお話しながらゆっくり時間をかけて食事を楽しむことです。

◎食材(ムール貝)の仕入れも工夫されています。
ヨーロッパ各地のムール&フリットに魅了され、国内に専門店をつくりたいと考えましたが、ムール貝の市場価格が欧州に比べてはるかに高く、欧州諸国のようにリーズナブルな価格で提供するには市場相場の3分の1で仕入れなければならなく、調達先を探し、交渉、契約までに約1年半かかりました。また、ムール貝の養殖は日本ではまだ少なく6カ所程度しかないこともあって、まだ発展途上な状況ですが、今回岩手県大船渡漁業生産組合が1年間で養殖する約2,2トンの大半を購入することによって市場価格を大きく下回る価格で取引が実現したことによりムール&フリットを展開することができました。